オムロンの体重体組成計HBF-215FとUSB通信トレイで日々の体調管理が楽になった

スポンサードリンク

オムロンの体重体組成計HBF-215F

この夏、食べて食べて食べ過ぎましたぁ~(^^♪、だからちょっと、気になるんです、体重が・・・。

で、ちょうど長年使ってた体重計が突然壊れたので(急に重くなった体重のせいではない!絶対ない!)、近所のケーズデンキでオムロンの体重体組成計HBF-215Fをゲット!。

SPONSORED LINK

体重はもちろん、BMIや体脂肪率、基礎代謝や骨格筋率・内臓脂肪レベルも同時に測定出来るやつ。。

そして、体年齢も。。

これで朝晩欠かさずそれぞれの数値をチェック!。

そういえば以前、レコーディング・ダイエットなんていうダイエット方法、ありましたね。ただただ食べたものと体重を記録するだけで痩せる、という超簡単なダイエット方法が。

あれを、さらに上記の数値も加えてしばらくやってみようかと・・。

このオムロン 体重体組成計 カラダスキャン HBF-215Fにはウェルネスリンクというパソコンと接続して簡単に測定データをデジタル保存出来る機能も付いているので、記録する面倒くささも無いし。。

というわけで、パソコン接続&データ転送用の機器、オムロン USB通信トレイ HHX-IT3【ウェルネスリンク対応】も同時に購入。

オムロンUSB通信トレイを購入

週に一度、これをパソコンのUSBに接続して、体重計の☓印に合わせて乗せるだけ、瞬時にデータを自分のウェルネスリンク用データベースに転送してくれる憎いやつ。。

ま、始める前にあらかじめウェルネスリンクのサイトで自分のデータ登録を済ませておく必要はありますけど、カンタンなので大丈夫。

ウェルネスリンク登録

あとはただ、先ほどのUSBトレイをPCにつないで体重体組成計にポンと乗せるだけ。

オムロンの体重体組成計にUSBトレイを乗せたところ

すると「あっ」という間に、ご覧のとおり、データ転送が完了します。

ウェルネスリンクにデータ転送したところ

ね!、カンタン&便利、でしょ♪。

あとは定期的にこのウェルネスリンクサイトにログインして、グラフ表示された各種データと毎日の食べたものや運動の記録と照らし合わせると、いかにそういったことが体のあらゆる数値に影響しているか、ってことがわかると思います。

それにしても便利な時代になりましたよ^^;。なんか楽しい♫。

苦しいだけのダイエットって、結局続かないですからね。何度も体験済み。

ただ記録をとっておく(そしてたまにチェック!)だけで、スリムになれるなんて夢のよう。。

これだけは毎日継続したいと思います。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*