エンジェル・ハート第1話、上川隆也はやはり冴羽獠に似ていた。

スポンサードリンク

いよいよ始まりましたね、「エンジェル・ハート」。

エンジェル・ハートと言えば、今から約30年も前に週刊少年ジャンプで連載開始した(毎週愛読してました^^;)、あの「シティ・ハンター」のパラレルワールド版としてリメイクされ、2001年より週間コミックバンチで連載開始された漫画。

ワタシ的には、シティ・ハンターの初期、まだ人気が出る前の、ハードボイルド色が強い時代のころが好きでしたけど・・・。

それとやっぱり、北条司氏の絵の巧さ(特に北条美人と異名をとったほど美しい女性描画のタッチ)も好みでしたねぇ・・・。

で、ですよ、2015年の今になって実写化されるにつけやっぱり気になるのは、あの独特のキャラとともにクールな二枚目?を兼ね備えた「冴羽獠」のキャスティング。

過去にもいろいろありましたからねぇ、サラリー○ン金太郎とか、妖怪○間ベムとか。。いや、別に深い意味はありませんけど^^;。

それがこのところのあちこちのバラエティ番組でエンジェル・ハートの番宣をする、マッチョに鍛え上げた上川隆也さんを観るたびに、

「なかなか、似てるかも・・・」と。

少なくとも「花咲舞が黙ってない」の相馬さんのイメージを上手く払拭してますね、すでに50歳とは思えない若々しさと胸板の厚さもなかなかのもの。。

あと、元傭兵のファルコン役をブラザートムが演じてるのも、ちょっと味があっていいかも。

そえから西内まりやの歌う主題歌「Save me」。なかなかいい曲です、ちょっとバラード調で。。西内まりや自身の作詞作曲らしいですね。。

ま、テレビドラマの第1話はたいてい登場人物&相関関係の紹介、がメインですからね。第2話からが見ものです。

いずれにせよ、あまり原作に縛られすぎず、シティハンター&エンジェル・ハートの世界観を大事にしつつ、とにかく日曜の夜を充実した気分で終われるよう、内容の濃いドラマに仕立てあげていただければ幸いかと・・・。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする