ウチくる!?都道府県アンテナショップを佐々木健介と巡ってグルメ堪能!

スポンサードリンク

今日のウチくる!?、ゲストは佐々木健介。しょこたんの似顔絵があまりにも激似!絵になりやすいんですかね^^;。

テーマは「東京で食す全国アンテナショップ巡り」ということで、アンテナショップ激戦区、銀座からスタート!。ワタシが都内で一番好きなエリアです♥。

まずは茨城県のアンテナショップ、「茨城マルシェ」へ。ここで待ち受けていたのは「いばらき大使」の鈴木奈々。

こちらで食したのは「ローズポーク納豆とんかつ(1,490円)」。

SPONSORED LINK

中に納豆が詰め込まれたとんかつに、茨城県産濃口生醤油「紫峰の滴」をかけて頂きます。

これはもう、白いご飯何杯でも行けちゃう味、ですねぇ。。ヘルシーですし・・・。

さらにてんこ盛りのキャベツも茨城県産。思いっきり頬張りたい。。

関連ランキング:カフェ | 銀座一丁目駅有楽町駅京橋駅

続いては米どころ秋田県のアンテナショップで1,000種類以上もの秋田県名産品を販売する「あきた美彩館」へ。

こちらで頂くのはもちろん「きりたんぽ鍋(2人前3,710円)」。

冬に食べるきりたんぽって、たまらなくウマいんですよねぇ。。本場秋田のきりたんぽが品川で食べられるなんて、知りませんでした。

具材はきりたんぽの他に比内地鶏・ごぼう・まいたけ・せり。。これまたヘルシーで栄養たっぷり♪。

関連ランキング:郷土料理(その他) | 品川駅高輪台駅北品川駅

とここで経済学者の岸博幸氏登場。田舎暮らしの経済的メリットを講釈。

現在はニューヨークのエリートビジネスマンでも通勤に電車で1時間ほどかかる郊外に住む人が多いんだとか・・。

理由は、

1.子供の教育には自然環境が良い

2.仕事以外は自然の中でのんびり過ごしたい

それに何と言っても生活コスト全般が安いですからね。

そういう意味では茨城に住む鈴木奈々、そして埼玉に住む佐々木健介は時代の先端を行っている、そうです^_^。

さらにずっと都心に居るとというのはずっと緊張も続く、ということらしい。

さて、続いて訪れたのは広島県出身のアンガールズ山根が迎える、福岡県のアンテナショップ「ザ・博多 有楽町店」。

こちらでは約450種類の福岡県名産品を販売しているそうです。明太子食べたい(^O^)。

こちらで一行が食したのは、あのあま~い苺「あまおう」をたっぷり練り込んだソフトクリーム「あまおうソフト(391円)」。

これは想像するだけで口の中が甘さで溢れますねぇ・・・。今度銀座方面に行ったら絶対食べる(๑´ڡ`๑)

関連ランキング:ソフトクリーム | 有楽町駅銀座一丁目駅銀座駅

さてさてお次は鹿児島県、同じく有楽町にあるアンテナショップ「かごしま遊楽館」へ。

こちらの2階レストラン「遊食豚彩いちにいさん」で食するのは、「黒豚ねぎしゃぶセット(980円)」。

一見塩ラーメンのような、丼に黒豚バラと鹿児島県産白ネギがたっぷり入った逸品。

甘い黒豚と白ネギのシャキシャキ感が口の中に広がりそう。さらに半熟たまごがごはんに乗った「蒸したまご飯」が、これまた見るからに美味しそう・・・。

関連ランキング:郷土料理(その他) | 日比谷駅有楽町駅銀座駅

続いては瀬戸内海の食材を使った創作和食の「銀座 遠音近音(をちこち)」へ。

こちらで待ち構えていた、的場浩司と千秋の二人と共に、「鯛茶漬けランチ(1,300円)」を頂くウチくる!?一行。

瀬戸内産真鯛を贅沢に使った茶漬けが絶品!。でもまずは特製ごまダレをかけてひと口、わさびや梅肉の薬味を乗せてふた口三口と行ってからの、トドメの昆布出汁をかけてのお茶漬け!。

これはもう、絶対ウマいに決まってます。限定15食、だそうです(๑´ڡ`๑)。

関連ランキング:郷土料理(その他) | 銀座一丁目駅京橋駅有楽町駅

日本全国の絶品グルメを堪能出来る銀座界隈、やっぱいいですねぇ。。ちょっとこれから銀座に直行したくなってきた^^;。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする