ウチくる!?相川七瀬と女子ラーメン食べ歩き!西新宿の塩ラーメンが激ウマらしい。

スポンサードリンク

今日の「ウチくる!?」、ゲストは相川七瀬さん、もう40歳になるんですねぇ、光陰矢の如し^^;。

今回は「ラーメン女子会」記念すべき1回目、ラーメン好き女優(特に塩)の高橋ひとみさんを加えて、まずは一軒目、西新宿の「えびそば 一幻」。

キレイな店内は女子向き、一日45kg以上も甘えびを使っているという、濃厚甘エビラーメンが特徴。独自製法のえび油と背脂を炒めた、深いコクのスープだそうです。麺は硬めの特注極太麺。

SPONSORED LINK

甘えびには美容促進・代謝アップ・老化防止効果があるそうなので、そういう点からもラーメン女子にはたまらない一品。

一行が食べたのは「えびしお(そのまま)780円」。「フレンチの高級なスープみたい」と相川さん。かなり濃厚そうです。

関連ランキング:ラーメン | 西武新宿駅新宿西口駅西新宿駅

続いては食べログベストラーメン2年連続ランクインの「麺屋 翔」、同じく西新宿です。

関連ランキング:ラーメン | 西武新宿駅新宿西口駅西新宿駅

こちらで待ち受けていたのは、ミッツ・マングローブ。女子!?、ま、いいか(*^^*)。

ここ翔では国産小麦100%のストレート細麺に、モンゴル・イタリア・フランス・日本の塩をブレンドしたタレ、鶏ガラ・豚などを9時間煮込んだ塩スープをあわせた「透き通る塩ラーメン」、「香彩鶏だし塩ラーメン(790円)」を。。

すごくサッパリとした、これまた激ウマの塩ラーメンだそうです。唸るヒデ。。

特製のスモークチャーシューも絶品とか。飲んだ後のシメにも最高な味、だそうです。

さて、お次は恵比寿に移動、「中華そば すずらん」へ。ちょっとビルの奥でわかりづらいお店です。

こちらの「琥珀中華麺~琥珀の中華そば~(1,150円)」は鰹節・煮干し・鶏・豚ベースのスープに国産小麦のブレンドで卵のみでつないだ手造り細麺の、ちょっと高級感あるあっさり味のラーメンだそうです。

鰹節は鹿児島県枕崎市産、4年も乾燥させた逸品を使用。

さらに辛いモノ好きの中山秀征、しょこたんが気を利かせて「水煮肉片麺(スイチュウロウビェンメン 3,200円)」をオーダー。

国産豚のバラ肉を山椒と唐辛子スープで炒め、もっちり太麺と合わせ土鍋にいれ、さらにパクチーなどの香草も乗った、エスニックな辛さが癖になる人気のラーメンだそう。

関連ランキング:ラーメン | 恵比寿駅代官山駅

最後は渋谷にある「濃厚鶏そば 麺屋たけいち渋谷邸」へ。

元焼き鳥屋の店主が作る、コラーゲンたっぷりのラーメン。

こちらでは歌手として同期の千秋と椿鬼奴が合流。

ここ麺屋たけいちで頂くのは、鹿児島県宮崎の鶏を10時間、どろどろになるまで炊いたコラーゲン出まくりのスープに醤油ダレをあわせ、特製つくねをトッピングした「味玉入り濃厚醤油鶏そば(900円)」。

コラーゲンのとろみと意外とあっさりした味、つくねと炙り鶏チャーシューの鶏づくしな、ちょっと鍋感のあるラーメンだそうです。

関連ランキング:ラーメン | 渋谷駅表参道駅

やっぱりラーメン激戦区だけあって、どれも間違いない絶品ラーメン、都内の忘年会の帰りにでも、頂きたいと思います。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする