ウチくる!?で池袋絶品ラーメン巡り、河北麻友子も絶賛!

スポンサードリンク

今日のウチくる!?、ゲストに河北麻友子さんを迎えて「東京の超激戦区池袋 ラーメン女子会」と題し、池袋の絶品ラーメン巡り!。

りゅうちぇると華原朋美の二人が加わりまず最初に訪れたのは「麺処 篠はら」。

こちらの「特製醤油そば」は鶏・牛・豚の油で香りづけ、さらに金目鯛の干物からとった香味油を加え、そこに秘伝のしょうゆダレに「中華そば富田」特注の細麺、鶏・豚・牛・ハマグリ・しじみ・煮干し、真鯛の頭のスープ、オーブンで焼いたバラ肉・秀麗豚の生ハム風ロース、こだわり卵をトッピングした、旨み全部入り!な絶品ラーメン。

SPONSORED LINK

これでたったの980円!!。これはぜひ食べてみなけりゃいけません^^。

関連ランキング:ラーメン | 要町駅池袋駅椎名町駅

続いては「つけ麺 岡崎」。

塩ダレとボタンエビ、甘エビの油を石鍋に入れ、豚の背油、豚骨&魚介系和風ダレのダブルスープを加えて火にかけた、アッツアツのつけ麺スープ。

そこへとろろ・オクラ・油揚げ・チャーシュー・煮玉子・めんま・なると・薬味のトッピング、そしてもちもち中太ストレート麺、という見た目も豪華な「石焼和風つけ麺 白(塩・エビ 900円)」がイチオシ!。

石焼だから最後まで熱々のまま頂ける、これまた絶品間違いなしのつけ麺。

関連ランキング:つけ麺 | 池袋駅東池袋駅東池袋四丁目駅

あまりのウマさに二軒続けて完食した一行、美容も気になるということで、快眠スペシャリストの三橋美穂さんに「世界イチ眠りたくなる快眠授業」を教えてもらうことに・・。

まずは快眠度チェック。

中指を外側に反らせるだけでわかるんだとか・・。

90度近くまで反れていれば、快眠できているサインだそうです。

よりよく快眠するためには、首にレンジで40秒ほど温めた小豆(250g)を布の袋に入れて巻くとよいとか。

冷やした小豆を後頭部に当てるとさらに効果的、なんだそうです。

寝る時に豆電球を点けたままだと太りやすくなるとも・・・。

おススメは球ランタン

足元に置いて直接明かりが目に入らないように寝るのがいいらしい。

それと熱めの42度のお風呂に入ってから眠ると(週2回程度)、疲れがとれて快眠出来るんだそうです。なるほど。。

さて引き続き三軒目は「塩そば 桑ばら」。

大山地鶏の胴ガラスープにモンゴルとアンデスの岩塩を合わせ、隠し味にホタテと鶏の油を加えたスープに特注の極細麺という、さっぱりとした「塩そば(700円)」がこちらのイチオシ。

豚バラの極厚炙りチャーシューがポイント!。

たらふく飲んだ後にいいかも^^。

関連ランキング:ラーメン | 東池袋駅池袋駅東池袋四丁目駅

りゅうちぇる&華原朋美と別れ、高橋ひとみ&堀田茜の二人が合流して訪れたのは「鶏そば 壽」。

こちらの変わり種ラーメン「レモンそば(880円)」はうどん粉を混ぜた細麺が特徴、鹿児島県桜島どりを8時間煮込み、甘めの醤油と天然塩を合わせたタレと合わせた極ウマスープに鶏むね肉・ねぎ・きくらげをトッピング。

そこへ薄切りにしたスライスレモンを8枚トッピング!!。女子大好き!な感じのラーメン。

でも秀ちゃんもそのウマさを大絶賛。ちょっとチャレンジしてみたいかも・・・。

関連ランキング:ラーメン | 池袋駅要町駅東池袋駅

続く五軒目は一見寿司店のような店内の「元祖めんたい煮こみつけ麺」。

明太子と十数種類の野菜を煮込んだというスープに中太自家製麺が絡む「元祖めんたい煮こみつけ麺(1,280円)」がピリ辛で濃厚でたまらないウマさらしい。。

残ったスープにご飯(280円)を入れれば、もはやリゾット!。

今日一の食べたいラーメンかも・・・。

関連ランキング:つけ麺 | 池袋駅東池袋駅都電雑司ケ谷駅

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする