ウチくる!?この冬食べたい4大鍋をピースと食べ歩き!カルボナーラ風うどんでシメる鍋が気になる。

スポンサードリンク

今日の「ウチくる!?」はピース又吉&綾部の二人をゲストに、「東京激戦区 女子が喜ぶ!この冬食べたい4大鍋」を食べ歩きながらのトーク。

まずはクリスマスモード全開の恵比寿ガーデンプレイスからスタート。

まず一軒目は恵比寿「凛音(りんね)」。名古屋コーチンとあさぎり豚を使ったしょうが鍋のお店。ここで待ってたのはハライチ澤部と岩井の二人。

SPONSORED LINK

こちらで頂くのが「元祖あさぎり豚の生姜鍋(1人前1,300円)」。

生姜を「出汁を取る時」「刻んで具材の中へ」「揚げた生姜を薬味に」と「3段活用」した、体の芯から温まるお鍋だとか。

出汁はもちろん名古屋コーチン、そこへ富士山麓で育てられた「あさぎり豚」を投入する絶品鍋、シメの特注の中華太麺(300円)がこれまた最高に旨いらしい。

シメの麺のために鍋を食らう、って時ありますもんね(*´ڡ`●)

関連ランキング:居酒屋 | 恵比寿駅代官山駅中目黒駅

続いてのお店は同じく恵比寿「博多煌梨(きらり)」。

本場博多料理のお店。 こちらに待ち受けていたのは、「又吉じゃない方」の芥川賞作家、羽田圭介

とことん便乗しますね^^;、というかお約束のピースコンビ格差ネタとセット、ですね。

ここで頂いたのは「煌梨鍋(とろろ醤油味 1人前1,598円)」。

本場博多のモツと野菜がグツグツ煮えた鍋に、とろろをたっぷり加えたヘルシー鍋。

モツが口の中ですぐトロケるそうです、冬はモツ鍋、これ鉄板です。

さらに自家製の明太子入り揚げ豆腐がこれまた絶品、シメはまたまたとろろが乗った「蕎麦(400円)」。

モツの出汁ととろろが絡み合って、唸るほどの美味さらしい・・・。

これは年内には行っときたい鍋、です。

関連ランキング:居酒屋 | 恵比寿駅代官山駅中目黒駅

それにしてもサイン本って、価値が高まると思っていましたが、又吉・羽田両氏によると、書店にとっては返品不可能になるだけなので、かえって迷惑なんだとか。それは知りませんでした。

さてお次の店は、目黒区青葉台にある「楽喜DINER(ラッキーダイナー)」という自然薯料理専門店へ。

ここで待っていたのはダウンタウン浜田の奥さん、小川菜摘。ピース綾部と昼ドラ「別れたら好きな人」で共演つながりですね。

ここ楽喜DINERでは「きのこ三昧鍋(1人前2,800円)」をつつきます。

美容・健康によいという菌活で女性に人気のこの鍋、別売りの自然薯つけだれとろろ汁(800円)をスープに溶かし込んで食べるのがオススメ、なんだそうです。

和風だしに生クリームを入れたスープと自然薯のつけだれが相性抜群でしかもヘルシー度MAX!。食べたそばから若返りそう・・・。

そしてこちらのシメが!「ごんぶと手切りうどん(550円)」とモッツァレラ&グラナ・パダーノの2種類のチーズを溶かして煮込んだ、カルボナーラ風うどん!!。

これはもう間違い無しの絶品極太カルボうどん(*´ڡ`●)。

チーズと自然薯のコラボ♡。今すぐ目黒へ突っ走りたい!。

関連ランキング:鍋(その他) | 中目黒駅代官山駅

続いて訪れたのは渋谷区広尾の「さつまや広尾店」。

鹿児島の食材を使った創作料理のお店。

こちらで頂くのは「鹿児島六白黒豚と野菜のオイルしゃぶしゃぶ(1人前3,056円)」。

サラダオイルと自家製ポン酢ダレを熱して国内最高品質という六白黒豚をしゃぶしゃぶする、今までにない鍋。

油でしゃぶしゃぶって、確かに想像つきませんねぇ。。

しゃぶしゃぶした六白黒豚に大根・玉ねぎ・しそを巻くだけ、タレも付けずそのまま食べるそうで、これまた味の想像が出来ません、でもさっぱりしてじんわり美味そう。。

関連ランキング:郷土料理(その他) | 広尾駅恵比寿駅

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする