イチゲンさん「酒の賢人が最高の下町グルメ」スペシャル第1弾!はんつ遠藤編。

スポンサードリンク

今夜のイチゲンさんは酒飲み必見!飲屋街の代名詞、酒場の各駅停車京成線沿線をはしご酒する「酒の賢人が最高の下町グルメを紹介!」スペシャル。

飲み歩くのは、ジャニーズなのに下町酒場大好き!なTOKIO松岡クンとゲストの芸能界飲兵衛代表!?の石倉三郎&鈴木砂羽の二人。これは楽しみ^^。

まず一人目の賢人、焼き鳥のスペシャリスト・はんつ遠藤氏がオススメのベスト3。

第3位は小岩にある「素揚げや」。

SPONSORED LINK

心臓とレバーをつなぐ「つなぎ」を使った「煮鳥(378円)」、氷の代わりに冷凍レモンを使った「最強レモンサワー」が絶品大人気のお店。

この素揚げやの、鳥取産大山どりの「素揚げセット(1,800円)」が超オススメなんだとか。あまりのウマさに骨まで食べる客がほとんど^^;。

関連ランキング:鳥料理 | 小岩駅

第2位は金町のラーメン店「門世」。

オススメはペルーのカルド・デ・ガジーナ(雌鳥のスープ)をベースにしたラーメン「ペルーラーメン ガジーナ(700円)」。

国産雌鳥5羽をタマネギ・ニンニクなどと共に6時間ほど煮込んだスープに中太の自家製麺、鳥チャーシューと半熟卵の、一度食べたら病みつきになるシメにも最高のラーメンだとか。

関連ランキング:ラーメン | 金町駅京成金町駅

第1位は京成金町の「伍味酉(ごみとり)」。六本木「鳥長」で修行した久保十志男さんが開いた焼き鳥の名店。

松岡クン一行はこちらではしご酒スタート!。

まずは絶妙な塩加減の大山とりの焼き鳥「そり(300円)」「ひれ(300円)」から。

さらに1日1組限定の「幻の鳥鍋(1人前2,500円 4人前から予約可)」を(*´ڡ`●)。

60年ぶりに鳥の煮込みを食べたという石倉三郎さんも、大絶賛の塩味鍋。

シメの奥久慈卵で作る雑炊はそんじょそこらじゃ食べられない逸品だそうです。

関連ランキング:焼き鳥 | 京成金町駅金町駅

こりゃ早速行かねばなりませんねぇ・・(*^^*)。

続いては「進化系下町グルメ」へ!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする