イチゲンさんでラーメン屋じゃないのに旨いラーメン特集!

スポンサードリンク

今夜の「突撃!はじめましてバラエティ イチゲンさん」は、久々のKinkikidsの堂本剛クンがイチゲンさん。インフルエンザはすっかり良くなったようで、ヨカッタ^^。

冒頭は「ラーメン特集では取り上げない!ラーメン屋じゃないのにラーメンがウマイ店ベスト5」特集!。そうなんです、近頃のラーメン専門店って、ちょっと入りづらいとこもあるんですよね^^;。

教えてくれるのは「ラーメンブログ王」の異名を取る、しらすさん。

早速第5位から。

スープから具材まで、力強い牛肉の旨味が舌を直撃する!という浅草の焼き肉店「本とさや」の裏メニュー「社長の青春ラーメン(1,800円)」。

SPONSORED LINK

牛骨だけじゃなく、牛肉自体も加えて丸2日間煮込んだ出汁にユッケジャンスープの調味料を使ったピリ辛スープ、そして焼肉用上ロースを5枚も投入した、極上ラーメン。

これだけでも食べに行く価値有り!ですねぇ。。

関連ランキング:焼肉 | 浅草駅(つくばEXP)田原町駅浅草駅(東武・都営・メトロ)

第4位は「うなぎ屋さんなのにラーメンが美味しい店」という亀戸天神「八べえ」の「うなぎラーメン(830円)」。

うなぎを蒲焼きする際に流れ出るエキスをスープのベースにした、うな重の味のようなラーメンだとか。

普通のラーメン店がこれと同じものを作ったら、最低でも1杯20,000円はするそうです。

トッピングにも白焼きした後に圧力鍋で煮込んだ「うなぎのカブト」が!コラーゲンたっぷりで女性にもオススメとか。

関連ランキング:うなぎ | 亀戸駅錦糸町駅

続いて第3位は「フランス料理店なのにラーメンが美味しい店」という恵比寿「AU GAMIN DE TOKIO」のサイフォン式ドリップラーメン「サイフォントマトラーメン(750円)」。

その名の通り、鰹節の入ったコーヒードリッパーに昆布出汁を入れながら目の前でスープを取ってくれるこだわり。

スープの入っていない丼のラーメンの下には、特製にきり醤油が仕込まれていて、それとスープが合わさって極ウマラーメンが完成!。

「とうもろこしムースと生ウニ(800円)」や「フォアグラのエクレア(1,400円)」「サマートリュフのスフレオムレツ(2,800円)」など本格フレンチが堪能出来る名店でこの価格、そしてこの手間、なのに750円。これは一度試してみたい!。

関連ランキング:ビストロ | 恵比寿駅

続いて第2位は「お蕎麦屋さんなのにラーメンが美味しい店」という麻布「おそばの甲賀」の「中華そば(1,150円)」。

おそばより人気があるそうで、期間限定だそうです^^;。

室町砂場赤坂支店で14年修行した甲賀宏店主が打つ「せいろ(800円)」「豚ニラそば(1,450円)」「うにそば(2,550円)」など、各界著名人がお忍びで来店するほどの名店が作るラーメン、納得です。

そばつゆのかえしと鰹出汁のスープに鶏油を加えてコクを出したこの中華そば、4月21日(木)までだそうです、絶対行かねば!。

関連ランキング:そば(蕎麦) | 乃木坂駅六本木駅広尾駅

さて堂々の第1位は、、「洋菓子店なのにラーメンが美味しい店」だという、日暮里「サブロン」の「つけ麺(並350g 700円)」。

どこからどうみても、立派なつけ麺。

剛くんも思わず「メッチャクチャうまい!!」と大絶賛。伝わってきます、その旨さ。

店主の山崎博司さんが独学で編み出した究極のつけ麺、池袋大勝軒の常連でもあったそうで、弟子でもないのにあの山岸さんからレシピを教えてもらったんだとか。。

なるほど、そりゃ美味しいわけです。

関連ランキング:ケーキ | 三河島駅日暮里駅鶯谷駅

これはもう、片っ端から行くっきゃ無いですねぇ、ラーメン大好き中年のワタシ(*^^*)。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする