アド街ック天国入間ジョンソンタウンは想像以上にアメリカンだった。

スポンサードリンク

今夜の「出没!アド街ック天国」は埼玉県「~入間ジョンソンタウン~」特集。

ゲストは デーブ・スペクター、今井華、ハマカーンの二人。

入間ジョンソンタウンは未だ行ったことがない街、これほどアメリカンな街だったとは。。

早速の第20位は「Cafe SAINOMORI」、アメリカの田舎町っぽいカフェ。

SPONSORED LINK

こちらの自家製チリビーンズを添えた「ルーシーズバーガー(1,200円)」はボリュームたっぷりなアメリカンバーガー。

第19位は「east villeage OTHER(イーストビレッジアザー)&Marque Blanc(マルクブラン)」。

イーストビレッジアザーはいわゆるセレクトショップ。

バイク乗りが好きそうなFinders Keepersのライダースジャケット(194,400円)やSANTANAのCUSTOM BOOTS(89,540円)、BEADS HAT(59,400円)などのアメリカンファッションアイテムやヴィンテージ古着などを販売。

同じ店舗内にマルクブランはクレープ専門店。

豆乳キャラメルグラノーラ(500円)」が一番人気だそうです。犬用のクレープが無料。

第18位は「Mellow Food CAFE」。海辺のビーチハウスをイメージしたエスニックカフェ。

鶏肉のフォー(800円)」が人気メニュー。なんか時を忘れて癒やされそう・・。

第17位はダンス教室

タップダンススクールの「TAP ON AIR」や劇団四季出身の澤村夫婦が営む「スタジオさあくる おぶ らいふ」など、さすがアメリカンな街、ブロードウェイライク(*^^*)。

続いて第16位は、「ジョンソンタウンのルール」。

ルールその1。イメージカラーはジョンソンブルー、郵便ポストもブルーです^^。

ルールその2。目立つところに洗濯物は干さない。

ルールその3。隣などの堺に塀や仕切りは作らない。

ルールその4。タウン内は原則撮影禁止。

生粋の日本人には馴染むまでちょっと難しいルール、かも^^;。

それにしても想像以上にアメリカン、です。

さて第15位は「アメリカンハウス」。

このエリアは昭和53年のジョンソン基地全面返還により、元米軍ハウス群が荒廃、そこで地主の磯野達雄さんが復興の旗振り役となり、ジョンソンタウンとして蘇ったらしい。

賃貸ながら内装は自由に出来るそうで、こだわりを持つアメリカ好きな方には最高の住宅地、なのかもしれませんね。

第14位は「コリアンダイニング」。

レストラン「SURARE(スラレ)」はこちらもアメリカン、と思いきや、あの「少女時代」のサインもある「石焼きビビンバセット(1,050円)」が人気の韓国料理のお店です。

HARE Cafe & Dining」は「プルコギクリームパスタ(930円)」が美味しそうなお店。

なんか不思議。。

続く第13位は「黒糖カフェKAFUU」は波照間島の黒糖を使った沖縄料理の店。「沖縄そば(850円)」が人気。もう一軒、同じ建物内にあるアメリカン雑貨の「MiNi+MoM」。ちなみにオーナーは別だそうです。

第12位は「guzuri珈琲店」。洋服店を兼ねたのんびりカフェ。オススメはなぜか「富士宮やきそば(650円)」、そういえばここ、埼玉でしたね^^;。

オーナーがシンガーソングライターなので、建物内にレコーディング・スタジオもあり、あの「ハナレグミ」などもこちらで録音したとか。。

ベスト11は「日常がアメリカンスタイル」な方々。

まずはエロヴィス佐藤さん。こちらのご自宅はアメリカン雑貨の店内のような室内。

ご夫婦そろってアメリカ人モード全開。六本木ケントスで会えそうなお二人です(*^^*)

もうひとかた、工藤浩伸さんという、毎週末に事務所のテラスと庭先でバーベキューをするアメリカンな人。

バカでかい豚の半身焼きを大胆に焼く、本格的BBQ。さすがアメリカン・ライフ。

いや~、これほどまでにアメリカだったとは、全く持って知りませんでしたねぇ。。

近いうちにちょっと訪れてみたい街です。

ちょっと疲れたので、ひとまずこれまで・・・。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする