アド街「練馬区中村橋」に出没、15位まで一挙紹介。

スポンサードリンク

今夜の「アド街ック天国」は「練馬区中村橋」周辺を出没。

個人的には未だ訪れたことのない場所なので、興味津々。。池袋から最短7分かぁ。

まずは20位から。サンツ中村橋商店街にある「インポートセレクトショップCOCO」。

19位はエステサロン「ETERNITY」の店主がパリのシャンゼリゼ通りの一角をイメージしてデザインした建物が並ぶオシャレな通りに面した「BISTRO102」。

SPONSORED LINK

シェフの大久保浩一氏はあの「ぶらり途中下車の旅」ナレーションでお馴染みオヒョイさんがオーナーのワインバー「O’hyoi’s」元料理人。ハンバーグ1,080円とリーズナブル。

「白身魚のジャンジャンブル 1,188円」が絶品。

18位はマダム達の手料理が500円のランチで提供される「楽多舎(らくだや)」。

普通の一軒家を改築したような落ち着いた雰囲気のお店ながら店内は意外に広く、テラスもある。日替わりランチはとても500円とは思えないボリューム。

近所なら毎日食べに行っちゃいそう・・。

続く17位は「どんぐりの木」というスイーツ店。月一回野菜の「重ね煮」教室を開催してます。

ちなみに「重ね煮」とは、少量の塩に牛蒡・ニンジン・里芋・生姜・ココア・シナモン・黒豆・シイタケ等を細かく刻んで重ね、弱火でじっくり煮込み、さらにペースト状にしてスイーツの材料にするもの。

16位は朝9時から営業している大衆食堂「大天」。食堂とは名ばかり?で^^;、開店早々常連客がレッドアイをグビグビやる、昭和風情なお店。

市販の茶碗蒸しをスパゲッテイに混ぜ、唐辛子にパセリ、ガーリックチップを掛けた「ペペスパ650円」がかなり美味そう。こういうB級グルメっぽいのが、ホントはマジでウマいんですよね、わかります。

関連ランキング:天ぷら | 中村橋駅富士見台駅豊島園駅

第15位は「補助第133号線」。板橋から世田谷まで通じる予定の都市計画道路。

驚いたのは、ここ中村橋にあったセロテープの「ニチバン」工場跡地があの「太陽にほえろ!」でのジーパン刑事殉職シーンで使われた場所、なんだとか。。

これはある意味、個人的には「第1位」ですよ。

ちょっとマジで驚いたんで、続きは後編で。。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする