アド街「上野広小路周辺」気になる第1位は!?

スポンサードリンク

ももクロ有安&百田両名をゲストに迎えてのアド街ック天国「上野広小路編」、ベスト20~11に続き、いよいよベスト10の発表!。

まずは第10位は、飲兵衛の聖地「仲町通り」。昔はよく行ったなぁ・・・。

和食バル さしすせそ」の「蒸し牡蠣(1個480円)」「のどぐろ焼(1尾2,400円~)」など、ウマい肴で思いっきり飲みたいですねぇ。。

関連ランキング:居酒屋 | 上野御徒町駅上野広小路駅湯島駅

もう一軒、「下町バルながおか屋」は、なんと!樽だしワイン飲み放題が2時間980円!!。

SPONSORED LINK

これはちょっとあり得ない安さ。人気の「ラムチョップ(1本390円)」とこちらもリーズナブル&美味いつまみでたらふくワイン、飲み干したい・・・。

関連ランキング:バル・バール | 上野御徒町駅上野広小路駅湯島駅

続いて第9位は、きもの「鈴乃屋」。全国53店舗を誇る呉服チェーンの本店。

新作の「オリジナル正絹振袖(540,000円)」は豪華絢爛そのもの。3Fにきものギャラリーもオープン。中村勘三郎さんなどが歌舞伎で着用したきものなどが多数展示されてます。

第8位は江戸指物の「京屋」。

木を組み合わせるだけの匠の技で作った「タモ前側木肌材拭漆」の針箱(183,600円)など、逸品揃い。

さてお次の第7位は、創業大正2年の和菓子の名門「うさぎや」。

あまりの人気で夕方には売り切れてしまうという「どらやき(1個205円)」は、これがどらやき発祥なんだそうです。

そのうさぎやさんが路地裏にオープンした「うさぎやCAFE」では、どらやきのフレンチトースト「うさどらフレンチ焼き(1,310円)」が絶品だとか・・・。

関連ランキング:カフェ | 上野広小路駅湯島駅上野御徒町駅

続いて第6位は櫛の専門店「十三や」。久(く)と四(し)を足して十三、という洒落た店名。でも創業は1736年とこれまた老舗です。

つげ櫛の製造販売を行っているのは、現在日本でここだけ、なんだそうです。

さすが上野広小路、まだまだ銘店が多数残ってるんですねぇ。。。

上野広小路コレクションを経て第5位は、ご存知「上野風月堂」。

新作の「クリスピーチョコレートクランチ(各324円)」は気軽なバレンタインデーのプレゼントにいいかも・・・。

さて第4位は、都内最古の薬店「守田宝丹」。創業は1680年だそうです。

店名にもなっている「宝丹(1缶1,620円)」は江戸時代から続く胃腸薬なんだとか。

いよいよ第3位、こちらも言わずと知れた、うなぎの「伊豆栄本店」。

若いころは敷居がおもいっきり高くて近寄りがたいお店でした・・。

ちなみに「鰻重(梅4,860円)」。九代目の女将、土肥好美さんは女優さんのような美しさ。

関連ランキング:うなぎ | 上野御徒町駅上野広小路駅京成上野駅

さて第2位は、これまたご存知「酒悦」。1675年創業の漬物と佃煮の老舗。

子供の頃はこちらの福神漬でカレーライスを食べるのが楽しみでした(*^^*)。

あの「元祖福神漬(ミニ樽入 )」、現在は756円だそうです。

さて、いよいよ堂々の第1位は、「寄席」。

現在では日本最古の「鈴本演芸場」、そして「上野広小路亭」と、歴史ある大衆演芸場が今でも賑わう街、でもありますからねぇ、上野広小路界隈は。。

ということで、グルメも文化も笑いもお酒も、心ゆくまで堪能できる上野広小路ベスト20、でした。お後がよろしいようで・・・。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする