ぶらり途中下車の旅、相模川の鮎料理を堪能する石井正則さん。

スポンサードリンク

今日のぶらり途中下車の旅は石井正則さんが行くJR相模線の旅。。ワタシが大好きな路線の一つ、でもあります(*^^*)。

まずは鮎釣りの名所、相模川上流からのスタートです!。

もう何と言っても鮎が大好き!この時期の鮎はなんと子持ち鮎、なんだとか。まだ食べたことありませんねぇ・・。

ということで、予約していた「旅籠割烹 桂川亭(けいせんてい)鮎や」を訪れた石井さん、さっそく店内へ。

まず出てきたのは「鮎の刺し身」。これは新鮮じゃないとなかなか味わえない一品。

コリコリした食感と甘い香りがたまらないとか・・。

続いては「”子持ち鮎”の塩焼き」。1時間半ちかく遠火で焼いているので丸ごと頂けるそうです、こりゃたまらん(*´ڡ`●)。

いきなり子持ちの部分からガブリと行った石井さん、心の底から美味しそうな表情・・・。

店主の黒田勇さんが精魂込めて作る鮎料理が10種類も味わえるというここ「桂川亭 鮎や」。

これは是非訪れなければ!もちろん泊りがけで^^。

関連ランキング:割烹・小料理 | 相原駅

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする