ぶらり途中の旅「京王線沿線」は変わり種グルメの宝庫!?

スポンサードリンク

今朝の「ぶらり途中下車の旅」は京王線沿線を石井正則さんがぶらり。

まずは紅葉真っ盛りの高尾山から散策。高尾山口駅からスタート、新宿方面へ。

次の高尾駅で下車。「元祖うなぎバター焼定食(3,150円)」の「うなぎ釜めし藤田」を発見。うなぎのバター焼き?。味が想像出来ませんが、ステーキっぽくてなんか美味そう。。

SPONSORED LINK

皮をパリっとさせるために考案したとか。。バターと醤油の香ばしさが食欲そそりそう。

関連ランキング:うなぎ | 高尾駅狭間駅

お腹を満たした後、高幡不動へ。高幡不動尊参道を散策、こちらで見つけたのが、世界のスタイルで飲むコーヒーと団子の店「Cafe De Dango」へ。

店長の山田真久さんがおよそ50カ国世界を旅して様々な国のコーヒーの飲み方を知り、それらをこのお店で再現してるそうです。

今回はオススメの「エチオピア」のコーヒーセレモニー(1,080円)を。。

コーヒーは水出し、これはいいですね。そのコーヒーを、まずは砂糖、次に塩、最後にバターで3杯のむのがこのエチオピアコーヒーセレモニー。

1杯めの砂糖でのみながら「健康を祈る」、塩で「愛を祈る」、最後にバターで「祝福を祈る」らしい。

一緒に頂いたのが「メロンソーダほいっぷ(213円)」という団子。

串刺しのお団子にメロンソーダのあんことホイップクリームが乗った変わり種。でもかなり美味しいらしい。コーヒーにも合うとか・・・。

団子の種類はおよそ50種類も。焼きカレーや炙りツナマヨ、抹茶マスカルポーネずんだ、キャラメルミルクほいっぷなどなど、ちょっと新鮮な刺激を味わいたくなる団子の数々。。 一度は試してみたい、かも(*´ڡ`●)

関連ランキング:カフェ | 高幡不動駅程久保駅

こちらを出てさらに散策、馬のいるカフェを発見。その名も「馬カフェ マリヤの風」。

馬に餌をやりながらコーヒー飲んだりトレッキングしたり、さらに引き馬に乗って近所を散歩したり、とにかく馬とふれあうことが出来るカフェ。

馬に乗って閑静な住宅街をパコパコ、ちょっと恥ずかしいかも(^_^;)。

でもちょっと非日常な体験したいときはいいかも・・・。

乗馬は30分5,000円(要予約)です。

お次はジブリの「耳をすませば」の舞台となった「聖蹟桜ヶ丘駅」で途中下車。

土手沿いを歩いていて出会ったのが、自転車でドーナツを配達する「HUGSY DOUGHNUT(ハグシードーナツ)」の店主、松川寛紀さん。

早速こちらのお店へ。土日のみの営業の、変わり種ドーナツとコーヒーのお店。

この日並んでいたのは「ロケットバナナ(250円)」「アラスカドーナツ(250円)」「ハグジードーナツ(180円)」「ビアチーズチョリソー(250円)」「マシュマロレモンドーナツ(230円)」「トマトビアチーズドーナツ(280円)」の6種類。

石井さんが注文したのは「ロケットバナナ」と「トマトビアチーズドーナツ」。

どちらも見たこと無い外観^^;。でも予想以上にウマいらしい。

随時新作を試行錯誤しているそうです。

さてお次の駅は「多磨霊園」。

ここでストーリー性のある手造りカラクリアートを作る「塩浦カラクリ」へ。

「働き者の工具箱」「猫の缶詰め作り」「ハラダ君のタマゴ」など、どれも目を惹きつけて離さない面白カラクリが沢山。これは楽しい・・・。

続いては「仙川」駅で途中下車。

ここ仙川で訪れたのが、日本初の鷹狩ウエア専門ショップ「Flap Berry(フラップベリー)」へ。鷹狩やる人って、結構居るんですねぇ、世の中広い。。

店内にはホンモノのハヤブサも居ます。男の趣味!としてちょっとかっこいいかも・・。

次に見つけたのが、「秘伝の味噌麹熟成 絶品の米沢牛ステーキの店」という看板。これはもう、肉好きなら見過ごせないお店ですねぇ。

というわけでこちら「西山亭」へ。

早速「味噌麹熟成サイコロステーキ(2,500円)」をオーダー。

黒毛和牛A5ランクのモモ肉を山形味噌・酒粕・塩麹・ゴルゴンゾーラチーズなどをブレンドしたオリジナル味噌に2時間ほど漬け込んで熟成したサイコロステーキ。

かなり柔らかくて、味噌と麹が効いた、旨味たっぷりのステーキ。

これはマズいわけがない。

関連ランキング:ビストロ | 仙川駅

京王線沿線はほとんど訪れたことがないので、ここのステーキを食べつつ高尾山の紅葉を愛でつつ、一度電車旅、してみますかね、京王線。。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする