じゅん散歩で中華街で詠春拳習いながら薬膳料理が食べられる店を紹介、今すぐ行きたい!

スポンサードリンク

今日のじゅん散歩は、昨日の横浜元町に続いて「横浜中華街」。たまにとてつもなく行きたくなる、不思議な街です。

楊州飯店の前を通りメインストリートをぶらぶら。。

雑貨屋さんの前にあるからくりおみくじを引く純次さん。結果は「吉」。さすがです^^;。

続いて帽子屋の「SHARON(シャロン)」を物色、2,950円のハンチングをゲット!。

SPONSORED LINK

でも今日はかぶりません^^。

その後「王府井(ワンフーチン)」に立ち寄り、焼き小龍包「正宗生煎包(マサムネサンチェンパオ)4個500円」を注文。

肉汁たっぷりの熱々小籠包。そういえば昔、よく肉まん食べながら中華街ぷらぷらしたなぁ。。ふと思い出しました。

純次さんは天津甘栗(350g1,000円)を購入。

山下町公園前を通って「保育園小紅」へ。華僑の保育園だそうです。子供たち、皆ホントかわいい。。お昼はやっぱり、中華丼、なんですねぇ・・。

有名な「招福門」は今日も長蛇の列。居並ぶ順番待ちのお客さんたちを冷やかした後、中国貿易公司へ。ここはもう何度行ったことか・・。ブルース・リーに憧れてた頃、カンフー服が欲しくて欲しくて・・・。

最後は「工夫厨房(カンフーキッチン)」に入店。薬膳料理のお店。ここは新しいらしく、知りませんでした。

で、なんと!!あのブルース・リーが若き頃学んだカンフー、「詠春拳」の道場でもあるらしい。こりゃ凄い!!。もう今すぐ行きたい!。

木人椿もちゃんとある!詠春拳には必須の鍛錬器具ですからね。。

こちらで純次さんがオーダーしたのが、一度食べたら中毒になるほど美味くてしかもヘルシー!という「薬膳ばそ(918円)」。

ここで詠春拳習って薬膳料理を食す、最高ですね、ブルース・リーの真似三昧だったあの頃が懐かしい・・・。

関連ランキング:台湾料理 | 元町・中華街駅石川町駅日本大通り駅

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする