じゅん散歩「戸越銀座」で名物コロッケ探し

スポンサードリンク

今日も昨日に引き続き「戸越銀座」をブラブラ散歩する高田純次さん。

まずは塩専門店「solco(ソルコ)」へ。国内外の塩を約40種類取り揃えたお店。

沖縄「あっちゃんの紅塩 35g 1,026円」や新潟「笹の雫 35g 1,134円」キプロス「クリスタルフレークソルト ブラック 25g 1,026円」など、ソルトコーディネーターという珍しい資格を持つ店長さんが、オススメの塩を提案してくれるんだとか。。。

ここで純次さんが食したのは、「塩キャラメルケーキ 324円」。

他にもおにぎらやソルコロッケ(ジャガイモを皮ごと使った焼きコロッケ)162円などいろんな食材があり、お店で食べると、なんと店内の塩をつけ放題、だそうです。いろいろな塩を試せていいですね。。

で、ここの店長さんに「戸越銀座はコロッケの街だ」ということを聞いた純次さん、早速戸越銀座コロッケを探しに・・・。

まず最初に見つけたのが後藤蒲鉾店の「おでんコロッケ 70円」。

じゃがいも・大根・昆布・さつまあげ・なるとなどのおでんの具材を練って揚げたコロッケ。

おでん好きにはたまりませんねぇ。。

戸越銀座界隈には約20店舗ほどのコロッケを売るお店があるそうです。

例えば「かたばみ精肉店」の、子供の頃お肉屋さんの店頭でおやつ代わりに食べたような懐かしい「ポテトコロッケ 90円」や、中華料理「錦華楼」の「餃子コロッケ 2個200円」など、それぞれのお店の特徴を活かしたコロッケが楽しめそう。。

コロッケ好きなワタシとしては、是非訪れたい街のひとつとなりました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする