じゅん散歩、谷根千「よみせ通り」を散策、ゴールは迷路のような路地で昭和な美容室

スポンサードリンク

昨日に引き続き谷根千界隈を歩くじゅん散歩、今朝は「よみせ通り」を散策するんだとか。。

夕やけだんだんの階段を降り、谷中銀座商店街を過ぎてすぐの”よみせ通り”でまず純次さんが見つけたのは「TODAY’S Culture Programs SHODO」という看板。

今回は書道の体験が出来るというこちらは、外国人向けに体験を通して日本文化を伝える観光案内所、「YANESEN」。

こちらで書いた筆文字をTシャツにしてくれるサービス(1枚3,980円)もあるんだとか。。

他にも陶芸(4,850円)や茶道(生菓子・英語通訳付き5,800円)など、21種類もの日本文化を体験出来る施設だそうです。

SPONSORED LINK

中でも本物の歌舞伎講師、二村行雅さんが施してくれる歌舞伎の化粧と着付けを体験できる「歌舞伎(18,000円)」はいかにも外国人観光客の方々が好きそう(´∀`)・・・。

さて、続いて純次さんが向かったのは、お好み焼きの「小奈や」。

入り口には「THIS IS A JAPANESE SPECIAL SAVOULY PANCAKE」と、思いっきり外国人向けの表記が(^^)。

そうか、お好み焼きは”ジャパニーズパンケーキ”って言えば伝わるのか・・・。

店内のカウンターには一人ひとり専用の鉄板、そして奥には座敷席も。。いい感じのお店です。

こちらを訪れた外国人観光客の方の発案で出来たメニュー「アボカドチーズ天(950円)」が人気なんだとか(*´ڡ`●)。

関連ランキング:お好み焼き | 千駄木駅西日暮里駅日暮里駅

再びよみせ通りを歩き出した純次さん、細い路地を抜けてこんどはすずらん通りへ。

いかにも!な感じのスナック「まつしろ」へふらりと。。店内には昭和から平成の谷根千周辺の写真が展示されてます。なんか落ち着きますねぇ・・・。

まつしろの女将としばし世間話をした後、こんどは「延命地蔵尊」の前を通って住宅街の路地で見つけたのは、「ミトモ美容室」の看板。でもなかなか見つからない^^;。

迷路のような細い路地を進んでやっと辿り着いた昔ながらの美容室、店主の地代孝子さんが三代目だそうです。

昭和風情がたっぷり残った路地裏を堪能した一歩一会、でした。。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする