じゅん散歩、西早稲田の学生街を散策、懐かしさ溢れる下宿で青春談義。

スポンサードリンク

今日のじゅん散歩は新宿区西早稲田をお散歩。。まずは「面影橋」の上からスタートです。

それにしても”面影橋”って、なんかキュンと来る名前ですねぇ、、そう言えばふと昔観ていた「茜さんのお弁当」っていうドラマ(あの嶋大輔さんや杉本哲太さんのドラマデビュー作)の舞台がこの辺りだったのを思い出しました^^。

さて、早稲田の学生街を歩き出した純次さん、音楽サークルでカホンというペルー発祥の箱型打楽器をやっているという女子大生に声をかけ、いつものようにからかったり・・。

SPONSORED LINK

そして学生街と言えば喫茶店、ということで「フォルカフェ」を見つけて中へ。。

関連ランキング:カフェ | 早稲田駅(都電)早稲田駅(メトロ)面影橋駅

昔風の喫茶店かと思いきや、社長は平井幸奈さんといううら若き女性です。

ここフォルカフェは「ふるやまピーチ(980円)など、表面を焦がしたフレンチトーストの専門店だそうで、ビールサーバーを使った「ドラフトコーヒー(500円)」も人気だとか。。

見た目は確かに黒ビールをグラスに注いだような、そのドラフトコーヒーをオーダーした純次さん、味は普通のアイスコーヒー、でも窒素のおかげで軽いそうです。

続いて「山久不動産」をのぞき、早稲田界隈のアパート・下宿事情を聞く純次さん。

百聞は一見に如かずと、近所の下宿「上田寮」へ。。

廊下の両側にはいくつもの個室(四畳半一間)がある立派な下宿、各部屋にはベッド・エアコンも完備で1ヶ月75,000円(朝夕食付き・光熱費込み)とは、今時かなりリーズナブルですねぇ。。

寮母さんが作る食事もボリューミーで美味しそう・・。

ワタシももう一度、学生生活をしたくなりました。。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする