じゅん散歩、新旧混在の虎ノ門周辺を散策。。

スポンサードリンク

今朝のじゅん散歩は港区虎ノ門周辺を一歩一会。

まずはビル群の中にある金刀比羅宮参拝からスタート。

続いて通称「新虎通り」、またの名を「マッカーサー道路」を虎ノ門ヒルズを背にしつつ歩く純次さん。

急激に様変わりするここ虎ノ門、でも一歩路地に入ると昭和感漂う昔のままの飲食街。

そんな中の一軒、「三陽」といういかにも昭和な中華料理店にふらりと・・・。

SPONSORED LINK

「ラーメン470円」「みそラーメン600円」などお値段も昭和価格^^;。

この道40年の店主、濱野夫さんが作る「チャーハン(600円)」が人気だということで、さっそく純次さんも注文。

見ただけで味の想像がつく昔懐かしいチャーハンです。こういうのがホントは一番ウマいんですよねぇ・・・。

関連ランキング:中華料理 | 新橋駅内幸町駅汐留駅

再び新虎通りへ出て「浅野内匠頭終焉之地碑」の近く、「KANAGU」という手作り内装金物を扱うお店へ。。

「すずがみ(2,160円~)」という文字通りすずで出来た、簡単に好きなカタチに出来る折り紙のようなものや、「盃 喜器Ⅱ(3,024円)」「片口(小 4,860円)」など、すず製品が多数並んでいます。

他にも手の温度が伝わって固いアイスが取りやすいアルミニウム製のアイスクリームスプーン(3,240円)など、オシャレで実用的なアイテムがいろいろ。。

そう言えば、虎ノ門ヒルズが出来てから一度もこのあたりに行っていないのに気づきました。

古さと新しさが混在した虎ノ門、久しぶりに週末にでも行ってみましょうかね♪

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする