じゅん散歩、若松河田駅周辺で懐かしい気分に。

スポンサードリンク

今日のじゅん散歩は新宿の都営大江戸線若松河田駅前からスタート。

下町風情が残る若松町、そして近代的超高層ビルの立ち並ぶ河田町、こういう街大好きです。

さてまず純次さんが訪れたのは「三省堂書店 東京女子医大店」。医書専門の書店さんです。

近所に「東京女子医科大学病院」や「国立国際医療研究センター」など大病院が集まっている場所ならではの本屋さん。

こちらで「お薬事典」を店員さんに勧められ、早速自腹購入する純次さん。

SPONSORED LINK

確かにお医者さんでごっそりもらう薬って、一体なんの薬なのか気になりますからね^^。

学生さんたちには医療用語を語呂合わせで覚える「Dr.Kのスーパーフレーズ」がよく売れるんだそうです。

続いて見つけたのは昭和36年創業の和菓子屋さん「栄光堂」。

こちらで「あん団子(120円)」と「お稲荷さん(65円)」を食べて軽く腹ごしらえ。

その後河田町方面へ歩いて瀟洒な建物、「小笠原伯爵邸」へ。

旧小倉藩主の小川皿伯爵の邸宅だったそうで、現在はレストランとして使われているとか。

「あおり烏賊のタリアテッレ 柑橘のピルピル ムータルドジョーヌ」「アロスカルドソ スモークしたアナゴのフリット」「イベリコ”プレサ”の備長炭焼き バースニップのクレモソ ピカダ マンサニージャソース」などのスペイン料理全7品の「ランチコース’(8,316円)」が頂けるそうです。

関連ランキング:スペイン料理 | 若松河田駅牛込柳町駅曙橋駅

こちらには入ること無く、純次さんは元フジテレビ跡地すぐそばの「コーヒー&レストラン ふじ」へ。

そうそう、やはりこういうお店が落ち着きますねぇ^^;、店主の石井秀雄さんはなんと現在88歳、かれこれ60年ほど営んでいるんだそうです。

店名の「ふじ」も「フジテレビ」から来ているそうで、フジテレビ移転前はよく芸能人も訪れたそうです。

そんなタレントさん達に人気だったのが、ハンバーグとピラフがワンプレートに乗った「ふじピラフ(1,410円)」。普通に美味しそう・・。

現在でも看板メニューなんだそうです。

関連ランキング:洋食 | 若松河田駅曙橋駅牛込柳町駅

なんかこういう歴史と人情あるレストランで、美味しいランチとコーヒーを頂きながら癒やされたい気分になりました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする