じゅん散歩、笹塚で旧友に出会い昭和なラーメンを堪能、ノスタルジック満喫。

スポンサードリンク

今朝は渋谷区笹塚を一歩一会する純次さん。京王線笹塚駅前からスタート。

あの京王重機ビルが今はメルクマール京王笹塚に変わってたんですねぇ、知りませんでした。

そう言えばもう10年以上行ってないなぁ、笹塚。。

純次さん、昔この辺りにあったエスポワールという洋服店に付き合ってた彼女が居たんだとか(*^^*)。

そんな想い出を胸に秘めながら歩いていると、今度は偶然にも中学時代の同級生石田さんに遭遇!。縁がある街ですね。。

SPONSORED LINK

さて今度は笹塚観音通り商店街へ入った純次さん、笹塚観音をお参り。

その後玉川上水のほとりを散策、路上の花屋さんを発見。

3年ほど前から始めたそうで、以前はフランチャイズの花屋さんを営んでたそうですが、自分のペースで仕事をしたいということでこの業態に変えたんだという坪沼さん。

地主さんに土地を借りて、お昼から(12時~19時)営業開始、ストック(150円)、ガーベラ(100円)、ユリ(700円)とリーズナブル。「家賃がかからないから」だそうです。

続いて笹塚十号通り商店街に入り、「カメラのタカヤ」へ。

若いころ凄く欲しかった二眼の「MAMIYA C33(1万円)」や、懐かしい名前の「小西六パーレット(25,000円)」など、昔の名機がズラリと・・・。

お次は「フランキー」という焼き鳥屋さんで「手羽先肉(130円)」を買って食べ歩き^^。

いいですねぇ、、こういう散歩。

続いて見つけたのが「愛川屋」という創業昭和26年の惣菜屋さんへ。

ちょうど珍しい太刀魚のさつま揚げ(162円)を手作りしているとか。

揚げたてをひとつ頂く純次さん、冷めてもまた美味しいんだそうです。

さて商店街の最後で発見したのが、いかにも古い中華そばの「福寿」。

店内もいかにも昭和な、懐かしさ満載のお店、たまりません。

店主の小林克也さんが作るしょう油ラーメン(500円)に喰らいつく純次さん。

これぞ「ザ・ラーメン」!ですよ。。

ホント羨ましい。。昔は10人以上店員さんがいたんだとか。

こういうお店、いつまでも続いて欲しいですねぇ・・・。

関連ランキング:ラーメン | 笹塚駅幡ケ谷駅代田橋駅

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする