じゅん散歩、浅草でスカイツリー眺めながらカレーオムライス、ジャンボめろんぱんも堪能。

スポンサードリンク

じゅん散歩、今日は朝早い浅草を散歩です。早朝の浅草寺は人影もまばらで、仲見世通りもほとんどシャッター状態。。

でもそこには「浅草絵巻」という全長400mにもおよぶシャッターをキャンパスに見立てて、浅草伝統行事が描かれているんですねぇ、、あの平山郁夫さんが監修、芸大の学生さん達が描いたそうです。

SPONSORED LINK

たまには早起きして静かな仲見世通りを、この浅草絵巻見ながら歩いてみたいですね。。

しばし裏通りを散策した純次さん、見つけたのはオムライス専門カフェ「ラーク浅草店」。窓からスカイツリーが見えるそうです。

マスターの山田龍司さん、いかにも浅草の喫茶店のマスターな感じ。。

粋なお客さんを弄りつつ、オーダーしたのは「カレー・ソースオムライス(1,400円)」。

大皿に目一杯、美味しそうなオムライスとその上にかかったカレーソース、サラダが溢れんばかり。。これは朝からテンション上がります。

他にもトマト・ソースオムライス、デミソースオムライスお肉たっぷりミートソース、ナポリタン、トーストサンド各種とメニューも豊富。もちろん確かにスカイツリーも見えました^^;。

さらにかき氷もやってるとか。。

初詣に行ったらちょっと寄ってみようかなぁ、、でも混んでそう・・・。

関連ランキング:カフェ・喫茶(その他) | 浅草駅(東武・都営・メトロ)浅草駅(つくばEXP)田原町駅

その後立ち寄ったのは「木版館」。オーナーのデービッド・ブルさんが彫った浮世絵の木版画を販売するお店。

イギリス人が彫ったとはとても思えない、なんとも言えずいい感じの浮世絵です。

「ハガキ版(3,240円~)」と価格もリーズナブル。

日本のテレビゲームキャラクターを浮世絵風にアレンジしたものも若い人に人気だそうです。

お次はデビットさんの紹介で、アンティークのお店「東京蛍堂」へ。

「ビーズクラッチバッグ(9,600円)」、昭和50年代の粋な「スリーピース・スーツ(35,300円)」、「昭和初期の木製の冷蔵庫」まで、様々な日本のアンティークが雰囲気の良い店内にいっぱい。ちょっとぶらりと覗きたくなるお店でした。

さて最後に訪れたのは「浅草花月堂本店」、巨大メロンパンで有名なお店です。

こちらでスタッフ分含めて7つ、この「ジャンボめろんぱん」をゲット。

1個200円ですが、3個で500円と100円サービスになるので、7つで200円引きに。

それにしてもデカいですねぇ、このめろんぱん。外国人観光客も多く常に行列だそうです。

でも一度は食べてみたいですねぇ、、並ぶのは嫌いですけど(*´ڡ`●)。

関連ランキング:甘味処 | 浅草駅(つくばEXP)浅草駅(東武・都営・メトロ)田原町駅

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする