じゅん散歩、業平でVAN好きにはたまらない昭和の雑貨店を発見!

スポンサードリンク

今日のじゅん散歩は、業平周辺散策。

まず見つけたのは、4階の細いビルに大きな鳥の絵。「ロフト若大将」という鳩レースを50年以上やっている及川茂さんの建物。ステンシルの入ったジーンズに赤い革ジャン、只者じゃない雰囲気^^;。

碁盤の目のような業平界隈を歩いき、浅草通りで発見したのは、昭和のお宝だらけの「吉田三郎商店」。60~70年代の雑貨がてんこ盛り。ワクワクしますねこういう店。

SPONSORED LINK

店主の吉田さんは若き頃VANで働いていたんだとか。。ワタシも中学生の頃、憧れましたねぇ、アイビールックに。

ここ吉田三郎商店には、アイビーに必須の「カフスセット(4860円~)」や「バックル(2700円)」、「クツベラ(1,944円~)」など、自分で作ったものも含めて多数並んでいます。ちょっと行ってみようかな・・・。

続いて住宅街を散策、訪れたのは、お城のような外観のお菓子店「森八」。

こちらで純次さん、「きんつば(167円)」「松呂(486円)」を購入。

それにしても立派なお城造り。福井の丸岡城を模して作ったそうです。

ちょっと写真撮りたいですねぇ。。

関連ランキング:和菓子 | とうきょうスカイツリー駅押上駅本所吾妻橋駅

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする