じゅん散歩、宇治神社で参拝、伊勢おかげ横丁でうどんと赤福かき氷を食べ歩き。

スポンサードリンク

今週は三重県伊勢市をお散歩している純次さん、今日は「伊勢おかげ横丁」での一歩一会。

まずは現在造営工事中の宇治神社を参拝。こちらの神社は”健脚の神様”だそうで通称「足神さん」と呼ばれ、2004年アテネオリンピック女子マラソンで金メダルを獲得した野口みずきさんも、そのお礼参りに訪れたんだとか。。

散歩三昧の純次さんにもぴったり!。

というわけで、早速伊勢神宮門前の「おかげ横丁」を食べ歩き開始です^^。

SPONSORED LINK

ひりょうず(350円)が食べられる「若松屋」やこんにゃくようかん(150円)の「八知玉屋」などなど60軒以上もの飲食店がずらりと並ぶ横丁、その前にまず純次さんが立ち寄ったのは「太閤餅」という茶店。

89歳になるオーナーの河口妙さんと談笑しながら、豊臣秀吉も食べたと伝わる「太閤出世餅(200円)」を頬張る純次さん。

北海道十勝産のあずきを使った伝統の和菓子だそうです。

さて続いていよいよ「おかげ横丁」に入った純次さん、建ち並ぶ飲食店で迷いつつ訪れたのは「ふくすけ」という伊勢うどんのお店。

「松阪牛肉うどん(990円)」や「天ぷらのせ伊勢うどん(880円)」など8種類のメニューからオーソドックスな「伊勢うどん(480円)」を注文。

うどんとつゆにネギが乗っただけのシンプルなうどん、でも讃岐うどんと違い柔らかいんだとか。

お次はかき氷の「団五郎茶屋」へ。

あの有名な赤福餅をかき氷にアレンジしたという期間限定の「赤福氷(520円)」をチョイス。

抹茶のたれをかけた氷の中に赤福が入ったかき氷です。

以前は日本一滞在時間の短い観光名所と言われていたここ伊勢神宮をなんとかしようと、平成5年に造られたというこの「おかげ横丁」、今では年間600万人も訪れる名所となったそうです。

なんか時代劇に出てくるような町の雰囲気で、2~3軒ハシゴしたくなっちゃいました^^;。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする