じゅん散歩、千葉県勝浦の朝市でテキトー連発、豚ばくだんメンチを絶賛!

スポンサードリンク

今日のじゅん散歩は千葉県勝浦市、かつうら朝市からスタート。

石川県輪島・岐阜県高山、そしてここ千葉県勝浦が三大朝市と呼ばれているんですね。。

それにしても東京からたった1時間半(特急わかしお)のエリアにこんな活気ある漁港があるんですから、たまには行かないと(*^^*)。

朝6時から始まるという朝市、魚介類やら野菜やら、色んな物が売っていて、

そんな中、「まるはら」で「房総名物いわしのさんが汁(300円)」を発見、すかさず注文、お店の人が器によそっている間に「おしるこ(300円)」を見つけた純次さん、「やっぱおしるこの方がいい!」と駄々をこねるも、女将さんに「おしるこはどこでも食べられるでしょ!」と諭され、しかたなく「さんが汁」をズルズルと。。

でも「あ”~、いいダシ出てるぅ・・」と唸る純次さん、そりゃそうですよね^^;。

ちなみにこの朝市、年会費4,000円、1日の出店料300円(畳1畳分)でお店が出せるそうです。こういう風景観ると、なんか売ってみたくなりますねぇ、、実際は大変なんでしょうけど。。

続いてサトイモの「ヤツガシラ」と自然薯(1kg4,000円)を見つけ冷やかす純次さん。

テキトー男爆発です(^o^)。でも皆楽しそう・・・。

さて、たっぷり朝市を堪能した後、こんどは商店街を散策。。

商店街といえばお肉屋さん、ということで「由基屋精肉店」を見つけた純次さん、大好物の「ハムカツ(70円)」のメニューを見てテンション急上昇。

でも珍しい「豚ばくだんメンチ(130円)」が目に入り、それをスタッフ分含め6枚注文。

千葉県産房総ポークを使った大きめのメンチ、ソースもかけずに「これはウマい!」と大絶賛。

続いて街の本屋さん「中屋書店」へ、店員を務めるお母さんにすかさず「娘の写真ないの?」と意味不明^^;な質問を投げかけるも「携帯にありますよ」と即答するお母さん(*^^*)

それを見た純次さん、あまりの可愛さにまたまたテンション急上昇!。

ホント、楽しそうでいいですねぇ、こういう歳のとり方したくなりますよ、純次さん見るたびに・・・。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする