じゅん散歩、八王子をぶらり散策、パンカツでお腹を満たし黒塀通りでお座敷遊びを満喫。

スポンサードリンク

今日のじゅん散歩はあの北島三郎さんが住む、八王子を散策です。

現在56万人もの人々が住むという八王子の駅前からスタート!。それにしても大都会のような駅前ですねぇ、、ワタシは一度も行ったことがありません。

あまりの広さに進路を悩みつつ、西放射線ユーロードを歩くことにした純次さん。

しばらく進んで野猿街道へ。

「鯉口(4,100円~)」や「針金入りはちまき(1,080円)」「手ぬぐい(970円)」など1,000種類以上ものお祭り用品を取り揃える「中川商店」さんの中へ入った純次さん、店長の中川大輔さんに八王子まつりについていろいろ尋ねたり・・・。

SPONSORED LINK

今年も80万人もの人々が訪れたという八王子まつり、4トンもある”千貫神輿”や19台もの”山車巡業”、ギネス世界記録となった”民謡流し(2,130人が参加)”など、かなり大規模なお祭りなんですねぇ、知らなかったなぁ・・・。

続いて「パンカツ」というメニューが気になってふらりと入ったのが「お好み焼き 夕やけ」。

店内は昭和な雰囲気の残る、いい感じのお好み焼き屋さん、「パンカツ(400円~)」とは水に溶かしたうどん粉を食パンに塗ってパン粉を付け、ソースをかけて両面を焼いたものだとか。。

シンプルだけど美味しそう・・・。

関連ランキング:お好み焼き | 八王子駅京王八王子駅

さてお次は「八王子花街・黒塀通り」へ。神楽坂のような粋な小道で見つけた「ゆき乃恵」という芸者さん達の置屋を訪れた純次さん。

純次さん曰く「小林幸子さんと沢尻エリカさんを足して二で割った」ように美しい女将のめぐみさんに案内され、お稽古中の芸者さん達としばし談笑。。

そんな中に”半世紀ぶり”という、最年少18歳の芸妓見習いのくるみさんが。

16歳から住み込みで修業すること2年、18歳の誕生日に”半玉”として花柳界にデビューしたそうです。

「得意なこと、好きな芸は何?」と聞いた純次さん、「オムライスが好きです」と答えるくるみさん、まだあどけなくて癒やされます(*^^*)。

そんなくるみさんと「おまわりさん」というじゃんけんゲームを楽しむ純次さん、ちょっとしたお座敷遊びで締めくくる八王子散策の旅でした。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする