じゅん散歩、伊勢市河崎の旧問屋街で貴重なお宝!?に出会う。

スポンサードリンク

今日のじゅん散歩は伊勢市河崎あたりをお散歩。。

登録有形文化財でもある近畿日本鉄道「宇治山田駅」前からのスタートです。

それにしても趣きのある駅舎ですねぇ。。歴史を感じます。

さて、昔から伊勢神宮及びその周辺に物資を供給していたという問屋街だったここ河崎の街を散策する純次さん、まず見つけたのは海苔の専門店「かねやす」。

SPONSORED LINK

こちらでの人気商品は「焼海苔 伊勢あさくさ海苔(10枚1,500円)」だとか。

絶滅危惧種だった”アサクサノリ”が伊勢の清流宮川で自生してたのを5年ほど前に発見、現在はそれを養殖しているそうです。

火で少し炙ったものを一口食べた純次さん、「こりゃウマいわ!」と。。

あったかいご飯が進みそう・・。

さて続いて昔の問屋街の風情を残した河崎の街を歩いて訪れたのは「播田屋」という和菓子屋さん。

オススメの「絲印煎餅(115g480円)」は明治38年に天皇の伊勢神宮参拝時に献上菓子として創られたものだとか・・。

ここでも歴史を感じますねぇ。。

関連ランキング:和菓子 | 伊勢市駅宇治山田駅

続いて訪れたのは陶器のお店「和具屋」。もう15代続いているそうです。

創業は魚屋さんだったそうですが、いつの間にか陶器が集まったものだそうです。

現在は「伊勢まちかど博物館(入場料100円)」として開放しているんだとか。。

それにしてもすごい量の器や茶碗が、、何かとてつもないお宝が出てきそう^^。

さらに奥の部屋には”安政一分銀”や”安政二分半金”などの古銭が!。

かと思えば今度は「明治の写楽」と呼ばれた”豊原国周”の「役者絵」も!

五代目尾上菊五郎や九代目市川団十郎、四代目中村芝翫などを描いたものが次々と。

やはり歴史ある旧問屋街には人知れずとんでもないお宝が眠っているのかも・・・。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする