じゅん散歩、今年最後は河口湖周辺散歩、富士山眺めながら自家製酵母パン、羨ましい。

スポンサードリンク

今日で2015年最後のじゅん散歩、散策するのは河口湖周辺。

まずは富士急行線河口湖駅からスタート。冬の河口湖も、富士山が綺麗でなかなかいいもんですねぇ。。それにしても外国人観光客、多いです。

まず見つけたのが、古き好き昭和な感じのお惣菜の店「ふるや」。

SPONSORED LINK

惣菜と言っても「コロッケ80円、ハムかつ120円、白身魚フライ120円、アジフライ120円、国産ロースとんかつ250円」の5点のみ!潔いお店です、でも実際お惣菜はこれで充分^^。

ハムカツを頬張る純次さん、ホント旨そう。。ン十年前の子供の頃をふと思い出します。

よく肉屋さんの店頭で揚げたてコロッケ、おやつ代わりに食べたなぁ・・・。

続いては河口湖畔の「梶原生花店」へ。

こちらはバルーンアレンジフラワーという、風船の中に花をアレンジしてくれるサービスを行ってます。

その後「レンタサイクルぷ~さん」で電動マウンテンバイクを借りた純次さん、快適に河口湖周辺をサイクリング。この辺はレンタサイクルが必須ですよねぇ。。

そう言えば学生時代、3人乗り自転車をレンタルして皆で河口湖一周したことをふと思い出しました。懐かしい。。

途中で食事処「湖波」に立ち寄り、「かっぱめしと大根そばセット(1,296円)」を食べるのかと思いきやそのままスルー^^;、自転車を降りて湖畔を散歩。

そこで見つけたのが実物大ほどありそうなゼロ戦の模型。

これを作ったのが「手作り木工模型工房」の早川澄雄さん、84歳だそうです。

工房内はゼロ戦、戦車、戦艦など大量の手造り模型が。。これは童心に帰っちゃいますねぇ。

1機1,000円で売っているそうで、ゼロ戦と戦艦三笠を2,000円で買った純次さん。ワタシもここ行ったら幾つか買っちゃいそうです。

再び夕陽を浴びながら散策しつつ見つけたのが「湖畔のパン工房レイクベイク」。

自家製酵母で作るパンが人気で、遠方から買いに訪れるお客さんも多いとか。

テラス席からは河口湖と富士山が展望出来て、ここで焼きたてのパンとコーヒー、最高でしょうねきっと。

こちらで「桜あんパン(2個300円)」と「ナッツショコラ(1個280円)」を頂く純次さん、「やられたね」と^^。

あ~、なんか正月休みに行きたくなっちゃいました、富士五湖あたりにドライブ。。

ちょっと真剣に予定たてますかね・・・。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする