じゅん散歩、世田谷区尾山台で商店街の惣菜と洒落た居酒屋でおふくろの味を満喫。

スポンサードリンク

徐々に暖かくなりつつ今日このごろ、一歩一会、してますかぁ♪。

というわけで今日のじゅん散歩は黄昏時の世田谷区尾山台

東急大井町線の「尾山台駅」からスタート、駅前商店街をぶらりぶらぶらする純次さん、まずは色々な商店が集まる「尾山台いちば」へふらりと・・。

「八百米商店」や「お茶のモリヤ」「西島フラワー」「魚辰」などなど、小さな個人商店がビルの1階に集まってます。70年ほど続いているそうです。

SPONSORED LINK

子供の頃、おつかいでよく行ったなぁ、こういう感じの「ミニ商店街」。なんかノスタルジック。。

この中の「武田惣菜店」で「玉葱ちぎり(70円)」を試食する純次さん。

タマネギと魚のすり身を混ぜて揚げた、団子状のもの。ビールのつまみに良さそう^^。

あと「ゴボウのから揚げ(1パック60g300円)」も・・・。

こういうところで世間話でもしながら買い物するって、ホント楽しいんだけど、今は少なくなっちゃいましたねぇ。。

再びハッピーロード尾山台をテクテク歩いて「尾山台書店」へ。

雑誌が上から吊るされてる本屋さん。これはナイスアイデア。

さらに進むと今度は「かるく一杯 五軒目」という、ほんとに角から五軒目にあるちょっと小洒落た飲み屋さんを発見。

女将さんの黒葛原(つづはら)政江さん(78歳)がひとりで営む、ちょっといい感じの料理が美味しそうな和風居酒屋。もう38年もやっているそうです。

「玉子焼き食べてよ」と薦められて頂いたのが「山椒入り玉子焼き(500円)」。

ほんと、おふくろの味、な感じ。近所にあれば毎晩行っちゃうかも・・・。

毎日午前2時までやってるそうで、週3回運動しているという女将さん。生涯現役で頑張って欲しいですねぇ・・・。

昭和な風情が残るここ尾山台、いい街でした。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする