じゅん散歩、世田谷区世田谷で世田谷代官屋敷とレーシングカートショップを巡る。

スポンサードリンク

さて今日のじゅん散歩は世田谷区世田谷、世田谷代官屋敷のある歴史ある街をお散歩。

400年以上続く「ボロ市(毎年12月1月、15日・16日に開催)」には連日20万人以上もの人々が訪れるんだそうです。

ということで、まずは世田谷代官屋敷を散策する純次さん。

江戸時代の代官屋敷がそのまま残ってるんですねぇ、ちゃんとお白州もそのまま・・。

続いて町の中をぶらり、すぐ見つけたのは「まちもりカフェ」という、短期の保育所「ほっとステイSUKUSUKU(2時間まで1,250円)」を行っているセンターへ。

SPONSORED LINK

「玉電羊羹(1個216円)」や「玉電ドロップス(324円)」、「玉電Tシャツ(1,944円)」などのグッズ販売なども。。玉電ファンにはウレシイかも(*^^*)。

さてお次は看板に「SINCE 1893」と書かれた「世田谷たばこセンター天野屋」さんへ。

「1893年からって、あんなのハッタリでしょ!?」といきなり純次さん^^;。

「明治26年からやっております」と6代目天野泰紀さん・・。本当ですよ、純次さん。

様々な銘柄のタバコだけじゃなく、「マッカーサ・コーンパイプ(2,700円)」から「メシャムパイプ(48,600円)」「ツゲ・イケバナ・マウントフジ(302,400円)」などの高級なものまで約500種類のパイプもずらりと・・。さすが老舗です。

さてお次はゴーカート専門店「レーシングカートショップ ウインディ」へ。

競技用レーシングカートをレンタル(1日18,000円~運搬・サーキット使用料含む)したり、販売したりするショップ。

そう言えばワタシもちょっと前からカートに興味津々なので、今度ちょっと行ってみようかと思います。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする