しゃべくり007で小堺一機が嫌いな俳優と20億のギャラをカミングアウト!

スポンサードリンク

今夜のしゃべくり007、二番手のゲストは小堺一機さん。

31年間に渡って「いただきます」~「ごきげんよう」のホストを努めた間には、どうしても嫌いというか、苦手なゲストがいたとか。「そりゃ、人間ですからね」と・・。

それは生き馬の目を抜く芸能界、ですからね、、クセのある人がほとんどかも。。

でもスタッフには「この人嫌です」とは言わなかったため、30年の間に再びゲストに訪れることも。。

するとあれほど嫌だと思っていたゲストが、すっかり成長して別人のように”いい人”になっていたんだとか。。

その、若き頃トンガッていた俳優って、一体誰?何でしょうねぇ・・・。

SPONSORED LINK

なんとなく思い当たる男優はいるんですけど、ちょっと無責任なこと書けないし・・。

あくまでも個人的なカンですけど、吉◯栄◯さん、のことかな?と。。

それよりも、次の質問「ごきげんようでいくら儲かった?」の答えが強烈!。

「家を建てられたり、子ども3人を安心して学校に行かせられたり、好きな物買えたり」するくらいは・・・、とお茶を濁す小堺さん。

23歳で初めて浅井企画で貰った月給が15万円、年1回のボーナスが50万円だったと。

その後、昼の帯番組をやるようになってから明石家さんまさんらと飲んだ際にギャラの話をしたら、「そんなワケないでぇ!!」「言ったほうがエエで!」とアドバイスされ、「ちょっと上げてもらえますか?」と言ってみたら、「バンッ!と上がった」らしい。

その後も給料は上がり続け、約30年で総額20億円はもらったと・・・。

やっぱり芸能界って、凄い世界ですねぇ。。そう考がえると、さんまさんなんかは想像を絶する額を貰ってるんでしょうねぇ、、、いい時代でしたから。。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする