おじゃMAPで渡辺直美と辰吉丈一郎が肉グルメ巡り!

スポンサードリンク

今日の「おじゃMAP」」は”おニューmap”肉グルメ編!ということで、まずは1日何も食べずに体調バッチリ!という渡辺直美ちゃんをゲストに迎えて「渋谷肉横丁」へ!!。

肉好きにはたまらない”肉の聖地”、全26店舗、500種類以上の肉メニューがあるというここ渋谷肉横丁で、最新肉メニューを巡ります。

まず訪れたのは「牛タン由雄」。

「牛タンラーメン(950円)」や「牛タン角煮(626円)」「牛タン串三点盛り(950円)」が人気の由雄で、2016年新商品の「熟成Lボーンステーキ(5,184円)」をオーダー。

SPONSORED LINK

わらじのようなサーロインステーキ、マズいはずはありません!。

続いて訪れたのは「肉寿司」、「福来る盛り合わせ(10貫2,200円)」や「名物!さしとろ」など酢飯オンザ肉!が大人気のこちら肉寿司で一行がオーダーしたのは「青森鴨ロース(一貫230円)」と「馬肉の漬け赤身(一貫180円)」、そして「和牛トロカルビ(一貫270円)」の3つ。どれも2016年新メニューです。

これまた極上のお肉寿司。もう今すぐ渋谷に飛んで行きたい!。

さてお次はA5黒毛和牛専門店の「肉の楽園」へ。

「黒毛和牛リブロースステーキ(2,460円)」や「霜降りハンバーグ(1,050円)」が大人気のこちらで2016年新メニューの中から香取慎吾クンが密かにチョイスしたのは「A5ランク山形牛トモサンカクの炙り(1,050円)」。

岩塩で頂く脂の乗り切ったトモサンカクは甘みタップリだとか。。

さらに「A5ランク山形牛上赤身のなめろう(840円)」を一口頬張った慎吾くん、「家にほしいわ、これ」と^^;、最近色々あって家飲みが激しくなる一方?ゆえか、目がマジです。。

さて続いて慎吾クン・渡辺直美・ザキヤマの三人が訪れたのは松坂豚専門店「呑みだおれ」。

こちらの定番メニューは「松坂豚プレミアムロースステーキ(1,280円)」。

でも2016年新メニューしか食べられない一行がオーダーしたのは「松坂豚の和風ハンバーグ」。

あまりのウマさに思わず”白いご飯”をオーダーしてしまうほど。。

そしてここ肉横丁では他店のメニューも出前出来る!ということを聞き、「牛タン持ってきて」と慎吾クン。

目の前の牛タンバル「牛の舌」から届いたのは「厚切り牛たん極上(3,218円)」。

そして渡辺直美さんがいいとも時代のADさんと偶然の出会いが!。

今はこちら牛の舌で店員をしつつ吉本の芸人をやっているとか・・。縁は異なものです。

そしてもう一品「牛たんカレー(1,058円)」も一行の目の前に!。

分厚い牛タンとトマト風味のカレーが抜群に美味しいそうです。

ということで渋谷肉横丁はここまで、続いては”ホルモンの聖地 亀戸”へ!。

そこで待ち受けていたのは”浪速のジョー”ことボクシング元世界チャンピオン、辰吉丈一郎さん。もう46歳にもなるんですねぇ、、歴史を感じます。

そんな辰吉丈一郎さんを加えて4人が向かったのは1時間待ちも当たり前の人気店「ホルモン青木」。

関連ランキング:ホルモン | 亀戸駅亀戸水神駅

希少部位の「サザエ(648円)」や「オッパイ(540円)」、「梅ミノ(810円)」などが堪能出来るこちら青木さんで一行がオーダーした2016年新メニューは「一本丸ごとハラミ(951円)」と、マルチョウにニンニクを詰め込んだ「ガリ腸(843円)」。

辰吉丈一郎さんに「おいしいですねぇ」と声をかけられド緊張する店員さん^^;。そりゃそうなりますね。。

さて続いて一行が向かったのは豚ホルモン串焼き専門店「亀戸北口もつ焼きセンター」。

関連ランキング:串焼き | 亀戸駅亀戸水神駅

「スーパーホルモンロール(1本129円)」や「酢もつ(350円)」などが人気メニューだというこちらでの2016年新メニューは「塩ホルモン(734円)」。

一口含んだ辰吉さん「にんにく効いてる」と。見るからにウマそう。。

午前0時を回ってさらに亀戸を散策する4人が最後に辿り着いたのはなぜかニューハーフのお店「笑いの大学」。

なんと辰吉丈一郎さん、こういうお店は初体験、だとか・・・。

でもママさんと辰吉さんの次男寿以輝クンがFacebook中間なんだそうで、世間は広いようで狭いですね(*^^*)。

それにしても色んな意味で恐るべし”亀戸”でした。。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする