あさイチで深川のカフェを千鳥ノブが巡る!自分でドリップするカフェ、いいかも。。

スポンサードリンク

今朝のあさイチは、ゲストの千鳥ノブさんと共に「JAPA−NAVI 東京・深川」巡り。下町風情がたっぷり残った、ワタシの大好きな街でもあります。

そういえば学生時代、材木担ぎのアルバイトで苦労したことを思い出しました^^;、ん~、甘酸っぱい・・。

深川といえば八幡祭が名物、なんと総重量24kg以上もの純金と43カラットのダイヤを使った神輿があると。

ただあまりに大きすぎて”担げない”のが問題、らしい^^;。その重さ4.5トン!。

ちょっとやり過ぎちゃいましたね・・・。

SPONSORED LINK

さて、そんな深川に最近増えたのが「カフェ」。ちかごろでは「カフェの街」になりつつあるとか・・。

というわけで千鳥さん一行が訪れたのは精米機のような焙煎機がある「The Cream of the Crop Coffee」。

焙煎士の板原昌樹さんがこの焙煎機で毎日4回、生のコーヒー豆を熱で煎っているそうです。

青みがかった白いコーヒー豆を500℃(その日の温度や湿度で調整)の熱風で10分~15分ほど煎って2日ほど寝かせることで最高の風味を出しているんだとか。。

関連ランキング:コーヒー専門店 | 菊川駅住吉駅

お次は自分でペーパードリップで珈琲を入れるお店「Brew Parlor 3615」へ。

自分で美味しくコーヒーを入れるポイントは、

1,器具を使い分ける

ハンドドリップはフィルターを通すので不純物が取り除かれクリアな味のコーヒーになるとか。

もう一つ、フレンチプレスはフィルターを使わないので豆本来の味を楽しめるそうです。

2.ハンドドリップは最初に少量のお湯で豆を蒸らしガスを放出させてから、ゆっくりお湯を回し入れるのがコツ。

関連ランキング:カフェ | 清澄白河駅森下駅菊川駅

とにかく美味しいコーヒーとカフェには目が無いこのワタシ、昔を懐かしみながら深川のカフェ巡りでもしてみますかね♪。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする