あさイチでキッチンペーパーをコーヒーフィルター代わりに使う裏ワザ紹介!

スポンサードリンク

今日のあさイチ「スゴ技Q」は「それじゃもったいない!キッチンペーパー使いこなしの極意」特集!。

筑前煮や肉じゃがなどを煮る時の落し蓋にしたり(その際真ん中に穴をあける)、料理研究家小田真規子さんによれば、4つ折りにした上でにんにくなどの香味野菜を切ることでフライパンに移すのが楽になったり、さらに繊維に沿って半分に切って包丁に巻いてからチーズやバター、ようかんなどをカットするとスムースに切れて洗う手間も無し!と。

料理の時短にも使えるとは!!。

SPONSORED LINK

さらに珈琲を入れる際のペーパーフィルター代わりにもなると!。

やり方は至ってカンタン(*^^*)

エンボスタイプのキッチンペーパーをそのまま一枚、ドリッパーにそってセットするだけ。

珈琲のカップテイスター正木俊樹さんによると、キッチンペーパーの適度な厚みがドリッパーの間に適度な空間を作り、スムースに珈琲をドリップしてくれるんだとか。。

専用のペーパーフィルターで300mlの珈琲を抽出するのに約2分、それがキッチンペーパー1枚をドリッパーにセットしただけでもほとんど変わらず2分38秒でドリップ出来るそうです。

なので嫌な渋みや苦味が出ることなく、美味しい珈琲が抽出出来るんだとか。。

珈琲大好きなこのワタシも、たまにペーパーフィルターを切らしてしまうことがあるので、いい話を聞きました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする