あさイチでおいしいコーヒーの入れ方伝授!フレンチプレスとペーパードリップで2つの味が楽しめる!

スポンサードリンク

今朝のあさイチ、スマートライフ(スマイフ)コーナーで、美味しいコーヒーの入れ方が紹介されてました!ウレシイ。。なんせ目覚めのコーヒーに食後のコーヒーが欠かせないこのワタシなので(*^^*)。

教えてくれるのは、ジャパン・バリスタ・チャンピオンシップで3度も優勝(最多)し、世界大会にも出場予定だという、鈴木 樹さん。

これは期待大♥。ゲストの安田美沙子さん、ニッチェの江上敬子さんも興味津々。。

使う道具は、普通のペーパーフィルター・ドリッパー・サーバーの3つ。

この3つを使うペーパードリップだと、コーヒーに雑味がなくクリアな味になるんだとか。。

SPONSORED LINK

まずはペーパーの底を折って裏返し、側面も折ります。

次にそのペーパーをドリッパーにセット、中挽きのコーヒーを20~25g(300ml分)入れ、平らにします。

続いて沸騰したお湯を一旦ドリップポットに移し、90~95℃に冷まします。

これで苦味がマイルドになるんだそうです。

さて、いよいよドリッパーの中にポットからお湯を投入!。

まずは中心から「の」の字を書きながら細く注いで(コーヒーの高さまで)20~30秒の間蒸らします。

その後さらに中央からお湯を回し入れ(その際ペーパーフィルターにお湯がかからないよう)、お湯が少なくなったら再び注ぎます。

この時、お湯がフィルターにかかるとお湯が外へ漏れてコーヒーが薄くなってしまうそうです。なるほど~。。

サーバーに300mlたまったら、ドリッパーにお湯が残っていても外してドリップをやめるのが大事。

サーバーのコーヒーをスプーンなどで混ぜてからカップに注ぐのもポイント。

これはドリップの最初と最後で成分の味が違うため、均一にする必要があるんだとか。。

ホント、ちょっとしたコツで美味しくなるんですねぇ・・。

一口飲んだイノッチさんも、そのウマさを大絶賛。

これは早速試してみなくては!。

さらにもうひとつ、ワンランク上の入れ方も伝授。

350mlサイズのフレンチプレスという器具を使った方法です。

これを使うことで、コーヒーが持つオイルがしっかり抽出されるため、コクがあって香り豊かなコーヒーが味わえるんだそうです。

同じ豆でも全く違う味になるんだとか・・。

まずは中挽きのコーヒーを16~18g入れ、平らにします。

そこへ熱湯を半分くらいまで一気に注ぎ、30秒ほど蒸らします。

液体とガスとコーヒーの3層が出来、それが美味しさの秘密、なんだそうです。

さらに熱湯を縁から1.5センチ下の位置まで入れたら蓋をして、じっと3分待ちます。

3分経ったら蓋に突き出た棒(ブランジャー)を押し下げ、カップにまわし注ぎします。

これは一度もやったことがない(というか、道具が無い^^;)ので、是非試してみたくなりました。

ニッチェ江上さんも「ぜんぜん味が違う!」と。。

ペーパードリップよりパンチがある味と香り、なんだとか・・・。

同じコーヒーで違う味が楽しめるなんて、ちょっと得した気分♪。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする